業績

ここでは、私たち(腎臓内科・腎センター)のスタッフによる論文・総説・学会及び研究会発表の実績をご紹介いたします。

実臨床に立脚した仕事、および実臨床における疑問点を解決するためのトランスレーショナル・リサーチが、私たちの発表の柱となっています。

原著論文・症例報告

<2019年度>

1.藤原正子,安藤一郎,根本 直,石田亜希,阿部未奈,大槻 剛,宍戸 洋,今井 潤,寺脇博之.血液濾過透析が糖尿病腎症由来腎不全患者のアミノ酸動態に及ぼす影響:予備的検討.透析会誌 2019 (in press)

 

2. Kobayashi S, Amano H, Terawaki H, Ogura M, Kawaguchi Y, Yokoo T.  

Spot urine protein/creatinine ratio as a reliable estimate of 24-hour proteinuria in patients with immunoglobulin A nephropathy, but not membranous nephropathy.  BMC Nephrol 20: 306, 2019.  

 

3. Kanno M, Tanaka K, Akaihata H, Terawaki H, Kazama JJ.  

 

Reflex anuria following retrograde pyelography: a case report and literature review.  Intern Med, in press (IF: 0.904)

 

 

<2018年度>

1.Amano H, Kobayashi S, Terawaki H, Ogura M, Kawaguchi Y, Yokoo T.  Measurement of daily sodium excretion in patients with chronic kidney disease; special reference to the difference between the amount measured from 24 h collected urine sample and the estimated amount from a spot urine.  Ren Fail 2018, 40(1):238-242. (IF: 0.790) 

 

2. Yoshimura K, Funakoshi Y, Terawaki H.   Dramatically regression of parathyroid gland swelling after conversion of calcimimetic medication from cinacalcet to etelcalcetide.  Ther Apher Dial (in press)(IF: 1.529)

 

3. 寺脇博之.尿酸、この古くて新しい物質.臨床体液 2018, 45: 4-8. 

 

4. Hiroyuki Terawaki, Tomoya Hayashi, Takayo Murase, Ryutaro Iijima, Kaito Waki, Yoshihiro Tani, Takashi Nakamura, Kazunobu Yoshimura, Shunya Uchida, Junichiro James Kazama.  Relationship between xanthine oxidoreductase redox and oxidative stress among chronic kidney disease patients.  Oxid Med Cell Longev 2018 : 9714710. (IF: 4.936)

 

5. Nakayama M, Watanabe K, Hayashi Y, Terawaki H, Zhu WJ, Kabayama S, Ito S. Translational Research of Peritoneal Dialysis Solution with Dissolved Molecular Hydrogen. Contrib Nephrol 2018;196:162-170. 

 

6. Yoshimura K, Waki K, Iijima R, Terawaki H. SGLT2 inhibitor reduces urinary protein excretion even in the advanced diabetic kidney disease patients.  Dis Disord 2018;2:1-2.

 

7. 寺脇博之.高尿酸血症・痛風.臨床検査のガイドラインJSLM2018(編集:日本臨床検査医学会ガイドライン作成委員会), p407-410. 宇宙堂八木書店,東京,2018. 

 

8. 吉村和修.酸化LDL (MDA-LDL).腎と透析 2018; 84(増刊号:腎と透析ベッドサイド検査事典):247-249. 

 

9. 寺脇博之.腹膜透析の合併症.今日の治療指針2019.

 

10. Ikeda M, Terawaki H, Kanda E, Furuya M, Tanno Y, Nakao M, Maruyama Y, Maeda M, Higuchi C, Sakurada T, Kaneko T, Io H, Hashimoto K, Ueda A, Hirano K, Washida N, Yoshida H, Yoshikawa K, Taniyama Y, Harada K, Matsuo N, Okido I, Yokoo T.  

Interventional nephrology: current status and clinical impact in Japan.  Clin Exp Nephrol 22: 437-447, 2018 (IF: 1.945)

 

11. Nakayama M, Itami N, Suzuki H, Hamada H, Osaka N, Yamamoto R, Tsunoda K, Nakano H, Watanabe K, Zhu WJ, Maruyama Y, Terawaki H, Kabayama S, Nakazawa R, Miyazaki M, Ito S.  

Possible clinical effects of molecular hydrogen (H2) delivery during hemodialysis in chronic dialysis patients: Interim analysis in a 12 month observation.  PLoS One 12: e0184535, 2018 (IF: 2.776)

 

<2017年度>

 

1. Terawaki H, Hoshi H, Kazama JJ.  Effect of switching xanthine oxidoreductase inhibitor from febuxostat to topiroxostat on urinary protein excretion.  Clin Exp Nephrol, 2017, 21(2):356-357. (IF: 1.945)

 

2. Ikeda M, Terawaki H, Kanda E, Furuya M, Tanno Y, Nakao M, Maruyama Y, Maeda M, Higuchi C, Sakurada T, Kaneko T, Io H, Hashimoto K, Ueda A, Hirano K, Washida N, Yoshida H, Yoshikawa K, Taniyama Y, Harada K, Matsuo N, Okido I, Yokoo T. Interventional nephrology: current status and clinical impact in Japan. Clin Exp Nephrol. 2018, 22(2):437-447. (IF: 1.945)

 

3. Nakayama M, Itami N, Suzuki H, Hamada H, Osaka N, Yamamoto R, Tsunoda K, Nakano H, Watanabe K, Zhu WJ, Maruyama Y, Terawaki H, Kabayama S, Nakazawa R, Miyazaki M, Ito S. Possible clinical effects of molecular hydrogen (H2) delivery during hemodialysis in chronic dialysis patients: Interim analysis in a 12 month observation. PLoS One. 2017, 12(9):e0184535.

 

4. Terawaki H, Murase T, Nakajima A, Aoyagi K, Fukushima N, Tani Y, Nakamura T, Kazama JJ. The Relationship between Xanthine Oxidoreductase and Xanthine Oxidase Activities in Plasma and Kidney Dysfunction.  J Clin Exp Nephrol 2017, 1:31. 

 

5. 山縣 邦弘, 岡田 浩一, 柏原 直樹, 旭 浩一, 斎藤 知栄, 四方 賢一, 柴垣 有吾, 杉山 斉, 鶴岡 秀一, 鶴屋 和彦, 仲谷 達也, 長田 太助, 西 慎一, 深川 雅史, 横山 仁, 和田 隆志, 荒谷 紗絵, 今澤 俊之, 大野 岩男, 甲斐 平康, 風間 順一郎, 要 伸也, 金子 朋広, 菅野 義彦, 佐藤 博, 佐藤 稔, 常喜 信彦, 鈴木 祐介, 寺脇 博之, 中井 健太郎, 長沼 俊秀, 中山 昌明, 長谷部 直幸, 花房 規男, 馬場園 哲也, 原 章規, 藤井 秀毅, 藤野 貴行, 古市 賢吾, 宮本 聡, 守山 敏樹, 谷澤 雅彦, 安田 宜成, 渡辺 裕輔, 日本腎臓学会, 日本糖尿病学会, 日本高血圧学会, 日本老年医学会, 日本透析医学会, 日本臨床腎移植学会. 腎障害進展予防と腎代替療法へのスムーズな移行 CKDステージG3b~5診療ガイドライン 2017(2015追補版).  日本腎臓学会誌 2017, 59(8): 1093-1216. 

 

6. 寺脇 博之, 中山 恵輔, 中山 昌明, 伊藤 貞嘉.  メチルグリオキサールと心腎連関.  循環器内科 2007, 82(4);365-369.  

 

7. 寺脇 博之.  医学の窓 各科の話題 内科 慢性腎臓病に関する治療戦略の進歩.  千葉県医師会雑誌  2017, 69(11): 507.  

 

8. 寺脇 博之, 村瀬 貴代, 中島 彩, 青柳 佳子, 福島 直太郎, 谷 良宏, 中村 敬志, 風間 順一郎.  血漿XO/XOR比は腎機能低下と相関して上昇する LC-TQMS法を用いた検討.  痛風と核酸代謝 2017, 41(1): 88-90. 

 

9. 安田 俊, 加茂 矩士, 平岩 幹, 経塚 標, 山口 明子, 藤森 敬也, 川畑 絹代, 池田 和彦, 大戸 斉, 中島 彩, 福島 直太郎, 寺脇 博之, 宮崎 恭平, 柏原 祥曜, 羽田 謙太郎, 郷 勇人, 佐藤 真紀, 桃井 伸緒.  抗M抗体による重症血液型不適合妊娠をDFPPおよびhigh-dose IVIG療法で管理した一例.   日本産婦人科・新生児血液学会誌  2017, 27(1):S-89-S-90. 

 

10. 寺脇博之.  巻頭言 日野原先生の思い出. 腎と透析 2018, 84(2): 138-139.    

 

11. 寺脇博之. キサンチンオキシダーゼと腎障害. 高尿酸血症と痛風 2018, 26(1): 72-77. 


学会・研究会発表

<2019年度>

1.和氣快斗、飯島隆太郎、松林雄一郎、菊池義彦、富山健大、吉村和修、寺脇博之.オセルタミビルの多量投与に伴う意識障害に対しCHDFが有効であった慢性腎不全の一例.第19回千葉急性血液浄化研究会 千葉 5月

 

2.谷良宏、荒川拓弥、車田淑恵、寺山秀和、清和健二、國分信宏、助川良二、石崎真衣、柳沼喜樹、大友真希、古谷未来、濱尾冨美江、寺脇博之.HCV感染透析患者に対するグレカプレビル/ピブレンタスビルの治療効果.第100回福島腎不全研究会 郡山 6月

 

3.菅野真理、田中健一、赤井畑秀則、寺脇博之、風間順一郎.逆行性腎盂造影後に無尿となり血液透析を施行した一例.第100回福島腎不全研究会 郡山 6月

 

<2018年度>

 

1.松林雄一郎、飯島隆太郎、和氣快斗、吉村和修、有野卓也、菊池義彦、三浦祐介、小藪毅、富山健大、山口夕輝、山口宏貴1、寺脇博之.出血性病変を有する患者に対してビタミンE固定化透析膜を用いた無抗凝固薬血液透析の施行経験.第18回千葉急性血液浄化研究会 千葉 5月

 

2.富山健大、飯島隆太郎、和氣快斗、吉村和修、寺脇博之.体組成装置(BCM)の使用経験.第18回千葉急性血液浄化研究会 千葉 5月

 

3.吉村和修、飯島隆太郎、和氣快斗、寺脇博之.進行糖尿病腎症症例におけるSGLT2阻害薬の尿蛋白におよぼす効果.第61回日本腎臓学会学術総会 新潟 6月

 

4.松林雄一郎、飯島隆太郎、和氣快斗、吉村和修、寺脇博之.出血性病変を有する患者に対してビタミンE固定化透析膜を用いた無抗凝固薬血液透析の施行経験.第63回日本透析医学会学術大会 神戸 6月

 

5.富山健大、飯島隆太郎、和氣快斗、吉村和修、寺脇博之.体組成装置(BCM)の使用経験.第63回日本透析医学会学術大会 神戸 6月

 

6.飯島隆太郎、和氣快斗、吉村和修1、寺脇博之、佐藤隆久、小尾俊太郎、堀川哲彦.腹膜透析の離脱後26年を経て発症した被嚢性腹膜硬化症の一例.第24回日本腹膜透析医学会学術集会 徳島 10月

 

7.寺脇博之、吉村和修.教育セミナー 腹膜炎 up to date.第24回日本腹膜透析医学会学術集会 徳島 10月

 

8.飯島隆太郎、和氣快斗、吉村和修、松岡初美、高尾克彦、寺脇博之.Full assisted PDで管理した高齢導入の一例.第24回日本腹膜透析医学会学術集会 徳島 10月

 

9.境純、五十嵐渉、原七重、近内光代、玉坂恵子、木田雅彦、寺脇博之.療養の病棟と施設におけるアシストPDの導入 看護師アンケートからみえた教育手順.第24回日本腹膜透析医学会学術集会 徳島 10月

 

10.井尾浩章、竜崎崇和、櫻田勉、寺脇博之、岡田一義、土谷健.シンポジウム1「PD人材育成システムの構築」PD認定医制度の構築.第24回日本腹膜透析医学会学術集会 徳島 10月

 

11.和氣快斗、飯島隆太郎、吉村和修、寺脇博之.オセルタミビルの過量投与により意識障害と腎機能低下をきたした慢性腎不全の1例.第48回日本腎臓学会東部学術集会 東京 10月

 

12.河合優一、栗原尚裕、吹野恵子、飯島隆太郎、和氣快斗、天木幹博、吉村和修、寺脇博之(発表者)、中村文隆、林敏彦、山﨑一人.著明な門脈ガス血症を呈した非閉塞性腸管虚血(NOMI)の一剖検例.第23回 日本腎循環器病研究会 東京 9月

 

13.寺脇博之、旭浩一、林義満、風間順一郎、吉村和修、花岡一成、神田芳郎.IgA腎症による透析導入6年を経て顕在化したADPKDの一例.第26回嚢胞性腎疾患研究会 東京 10月

 

14. 寺脇博之 、久慈弘士 、大﨑慎一、武田將伸.南総地域におけるPD拡大のための取り組み~これからの腹膜透析のあり方を見据えて~.第39回 千葉県CAPD研究会 千葉 11月

 

 

<2017年度>

 

1. 寺脇 博之, 村瀬 貴代, 中島 彩, 青柳 佳子, 福島 直太郎, 谷 良宏, 中村 敬志, 風間 順一郎.  血漿XO/XOR比は腎機能低下と相関して上昇する LC-TQMS法を用いた検討.  第60回日本腎臓学会学術集会 仙台, 5月

 

2. 林 義満, 橋本 重厚, 旭 浩一, 田中 健一, 寺脇 博之, 風間 順一郎.  震災避難がCKD発症に及ぼす影響.  第60回日本腎臓学会学術集会 仙台, 5月

 

3. 寺脇博之、村瀬貴代、中島彩、青栁佳子、福島直太郎、谷良宏、中村敬志、風間順一郎.  血漿XO/XOR比は腎機能低下と相関して上昇する:LC-TQMS法を用いた検討 .  第70回日本酸化ストレス学会学術集会 つくば, 6月

 

4. 助川 良二, 寺山 秀和, 野尻 淑恵, 清和 健二, 石崎 真衣, 濱尾 富美江, 谷 良宏, 寺脇 博之.  ポリスルホン膜使用により血液回路内凝固を呈した一症例.  第62回日本透析医学会学術総会 横浜 6月

 

5. 中野 広文, 寺脇 博之, 竹口 文博, 山川 貴史.  大量腹水を腹膜透析用カテーテルで長期管理したB型肝硬変合併血液透析患者の一例.  第62回日本透析医学会学術総会 横浜 6月

 

6. 谷 良宏, 石崎 真衣, 野尻 淑恵, 寺山 秀和, 清和 健二, 濱尾 富美江, 助川 良二, 寺脇 博之.  2型糖尿病を合併した透析患者に対するデュラグルチドの効果.  第62回日本透析医学会学術総会 横浜 6月

 

7. 木村 浩, 田中 健一, 岩崎 剛史, 沼田 徳太郎, 渡辺 秀平, 小田 朗, 中島 彩, 青柳 佳子, 福島 直太郎, 菅野 真理, 寺脇 博之, 林 義満, 旭 浩一, 風間 順一郎.  当院における抗糸球体基底膜(GBM)抗体型急速進行性糸球体腎炎の検討.  第62回日本透析医学会学術総会 横浜 6月

 

8. 寺脇 博之, 中島 彩, 青柳 佳子, 小針 英理, 福島 直太郎, 渡辺 秀平, 小田 朗, 菅野 真理, 木村 浩, 谷 良宏, 田中 健一, 林 義満, 旭 浩一, 風間 順一郎.  総体液量に関する実測値と推定値との比較 体成分分析装置BCMを用いた予備的検討.  第62回日本透析医学会学術総会 横浜 6月

 

9. 寺脇博之.  透析液組成を再考する 透析液と酸化ストレスとの関連 その誘因と対策.  第62回日本透析医学会学術総会 横浜 6月

 

10. 寺脇 博之, 林 義満, 風間 順一郎, 木田 雅彦.  腹膜透析推進のための地域連携 福島市における病病・病診連携 高齢化時代を踏まえて.  第62回日本透析医学会学術総会 横浜 6月

 

11. 寺脇博之.  腹膜透析(CAPD)の導入と管理.  第26回日本腎不全外科研究会 東京 7月

 

12. 寺脇博之.  手術 ~PDカテーテル挿入術におけるポイント~.  第23回日本腹膜透析医学会学術集会 北九州 10月

 

13. 玉坂恵子, 木田雅彦, 芳賀伸一, 寺脇博之.  腹膜透析液注入量の規格量と実際量の差.  第23回日本腹膜透析医学会学術集会 北九州 10月

 

14. 木田雅彦, 寺脇博之.  坐位と臥位との排液状況の比較.  第23回日本腹膜透析医学会学術集会 北九州 10月

 

15. 吉村和修、飯島隆太郎、和氣快斗、寺脇博之.  内シャント造設術におけるrun-off改善のための工夫.  第45回千葉県透析研究会 千葉 11月

 

16. 松林雄一郎、飯島隆太郎、和氣快斗、吉村和修、寺脇博之、有野卓也、菊池義彦、三浦祐介、小藪毅

富山健大、山口夕輝、會田瑛里子、山口宏貴.  出血性病変を有する患者に対してビタミンE固定化透析膜を用いた無抗凝固薬血液透析の施行経験.  日本医工学治療学会第34回学術大会.  さいたま 2018年3月

 

17. 富山健大、飯島隆太郎、和氣快斗、吉村和修、寺脇博之.  体組成装置(BCM)の使用経験.  日本医工学治療学会第34回学術大会.  さいたま 2018年3月