当教室の沿革

帝京大学ちば総合医療センター腎臓内科の歴史は、1986年(昭和61年)に帝京大学市原病院が開院した際における、第三内科学講座の腎グループとしての開講に始まります。教授1名、助教授1名、助手2名の計4名体制で開講しました。

初代の腎内教授は小出佳三先生で、小出先生は1987年(昭和62年)4月より副院長を、1993年(平成5年)4月より院長を退官まで歴任され、腎臓内科のみならず病院全体の牽引者としてご活躍されました。

小出教授の退官後の腎内教授不在期間においては、松崎健三先生(現 総星会五井クリニック)、桑田昇治先生(現 芙蓉会五井病院)、北村 真先生(現 くらた病院)が、各期間における実質的な責任者としてスタッフを迎え入れ地域医療の礎石として輩出しました。ただ残念ながらスタッフ数は徐々に減少し、2017年4月1日の時点では腎臓内科所属の常勤スタッフが0人となる危機的状況を迎えました。

 

2017年(平成29年)5月、福島県立医科大学 腎臓高血圧内科より寺脇博之が第二代の腎内教授として着任し、帝京大学附属病院からの支援スタッフ(助手)2名の着任を得て、腎臓内科は新体制を迎えました。さらに同年8月、近森病院腎臓内科より吉村和修先生が病院教授として着任(在職:2017年8月21日~2020年3月31日)、常勤4名体制で腎生検・血液透析導入(バスキュラーアクセス造設を含む)に関する膨大な近隣からの需要に対応しました。

2018年度には腹膜透析療法を本格的に開始。

2019年度には新規スタッフの更なる加入とともに、新規予約紹介患者数(急患除く)は年間294名、新規透析導入患者数は年間115名(千葉県内で最多)にまで増加。南総地区、そして千葉県における中心的な医療機関としての実績を順調に重ねていきました。

2020年度には新たに4名(ローテーター含む)の新規スタッフが加入し、当講座は常勤9名体制となりました。2020年の新規透析導入患者数は142名と前年よりさらに増加(千葉県内最多:うち腹膜透析は22名)し、年度内に通算での腹膜透析導入数(他院からの導入のみの依頼は除く)は50名を超えました。年度内である2021年1月には院内クラスターを含むCOVID-19合併血液透析患者に対して、医師・看護師・臨床工学技士・事務系スタッフが一丸となった迅速かつ抜本的な対策の実行により、安全かつ十分な治療実施を行うことが出来ました(対応の具体的内容については、第64回日本腎臓学会学術総会にて発表予定)。

 

2021年4月には、日本医科大学リウマチ膠原病内科より准教授として着任する小林政司先生を含め、3名の新規スタッフを迎えます。OBの先生方を中心とした非常勤スタッフの支援も引き続き得ながら、千葉県南部を中心とした広範囲の医療需要に応需しつつ科学的エビデンスの構築に努めます。